|1/1 PAGE|

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

白馬大池で天の川を

YouTubeで見つけた…
なんか、こころ落ち着いた。

白馬大池で天の川を Time Lapse Milky Way at Hakuba Lake


※ニコニコ動画にもとの動画(もっと画質よい)があった。
 この方のブログにこの手の動画…いっぱいありました。
 探してみてごらん。(笑)


これ、現地行って
自分の目で見たいな。

学生の頃、何回か
こんな夜空を見上げて
時間を忘れたことがあった。

サークルの合宿や
塾講師のバイトで行った夏合宿で。


その中でも最高だったのが
小淵沢の山奥も奥のロッジで
夏の夜空に満天の星。

天の川も、もちろん
流れ星が尾を引いて
ものの何十秒の間隔で見られた。

笑えるのは・・・
周回軌道で動いていく
人工衛星まで、肉眼で見えたんだぜ!


あぁ〜
クルマと時間があったらな。

▲top|-|-

バブルリング×3

季節は夏休み・・・
テレビで「八景島シーパラダイス」のCM見て
水族館に行きたくなった。
改装して、イルカなどと直接触れ合えるようになったらしい。

※画像をクリックすると拡大されます
シロイルカ画像
<Photo:動物写真のホームページ>

東京からだと遠すぎるけど
もっと行ってみたい水族館が『AQUAS(島根県立しまね海洋館)』。

ここは、3頭のシロイルカ(ベルーガ)による
バブルリングのショーがある。

シロイルカ初披露 3頭同時にバブルリング…島根・アクアス

島根県浜田、江津市境のしまね海洋館アクアスで21日、シロイルカ3頭が、同時に空気の輪「バブルリング」を吐き出すパフォーマンスを初披露した。
(2007年7月22日)

・・・<以下略>・・・

※引用:YOMIURI ONLINE|読売新聞 > 地域(関西発) > 季節自然 > 動物トピックス

↑「バブルリングって?」という方・・・
この引用のタイトルクリックすると、記事本体に写真もあります。

3頭じゃないけど、いちばん最初にバブルリングを芸として
出来るようになった「アーリャ」の動画が、ここで 見られます。

なんかほのぼのするね (^−^)
▲topcomments(0)trackbacks(0)

モネ展−リトライ

先週末、悲惨な状況で断念したモネ展
本日リトライ! 行ってきました。

前回同様、国立新美術館へ直結している
千代田線6番出口からチケット売り場を通り抜け・・・
ウッ! 平日でも待ち行列が!?

モネ展:待ち行列1 モネ展:待ち行列2 モネ展:待ち行列3

「待ち時間10分」
入口で入場人数の調整をしている。
会場内は前回断念した時より多少余裕あるみたい。
よしっ!! 行くぞ!!

並んでも苦にならない時間で、いよいよ入場・・・
会場内は・・・
やっぱり絵の前に顔を押し付けんばかりの黒たかり (ToT)
その状態で列が進行して行ってるぅ!?

絵画って、特にモネの絵は、間近で見ると
ただ絵の具が重ねてるあるだけしかに見えないよぅ!
ある距離をとって眺めると
急に絵の中から、光や空気、風や気温まで感じるような
そういう不思議なエネルギーが出てくるんだよぉ!

会場の係員が何か言ってる!
「1ヶ所に固まらず、ご自由にご鑑賞ください」

やったぁ〜!! んじゃ、遠慮なく!!
ヤタ━━━━ヽ( ^∀^)ノ ヽ(^∀^)ノ━━━━ !!

黒たかりの隙間を狙って、あっちこっちへ自由に移動。
ひいて眺められる絵を見つけては、あっちこっちへ移動。
その合間に、近づいて絵の具の重ね具合や筆のタッチを
まじまじと堪能。
さらに戻って、気に入ったものをじっくり、心ゆくまで鑑賞・・・

今回の、いちばんのお気に入りは“かささぎ”
冬の凛とした空気が感じられる。
左側に描かれた光の雰囲気も、遠くの凍った湖畔の照り返しまで
本物の光のような雰囲気をかもし出している。

白い雪景色という、素人では白以外に色を使えないテーマに
あれほどの雰囲気をこめたなんて・・・
しかも、描く技法は決して写実的ではないんだよ!

やっぱり、本物を観るのって違うなぁ。

今回の、俺のベスト5は以下の5枚です。
(※クリックすると画像が浮き上がります)
モネ:かささぎ モネ:国会議事堂・日没 モネ:テムズ川のチャリング・クロス橋
モネ:サン・ラザール駅 モネ:サン・ラザール駅の線路

残念ながら「印象・日の出」ほどの衝撃と感動は
得られなかったけど、やっぱりモネの絵は大好きです。

続きを読む▼
▲topcomments(0)trackbacks(0)

最悪!モネ展

今にも雨が降りそうななか
国立新美術館へモネ展を観に行きました

千代田線乃木坂駅6番出口から上がり
事前にチケット購入済みなので直行!

・・・唖然

何だよこれは!!
チケット購入者最後尾、30分待ち!?

展示スペースの幅いっぱいに
トコロテンの様に押し込まれる人・人・人・・・
中は満員電車みたいで、更にロビーは
そこに押し込まれるのを
蛇腹で待つ行列が延々と・・・はぁ〜

こんなの絵画を観る環境じゃない!!
主催者も価値あるもののその価値を
少しでも損ねることなく観せる工夫しろや!

あんなんじゃ台無しだ
多くの人にというのは分かるけど
あれで『観た』なんて悲しいぜ
やっぱ結局、商業主義でしかないのかぁ

東京ミッドタウン・ガーデン

しょうがないから、モネ展は別の日にして
東京ミッドタウンで昼飯食って
ブラブラしてきました

雨降りそうだったけど、天気もってよかったぁ
今度はもっと陽射しのあるときに来てみよう
ミッドタウン・ガーデンは
弁当持っていくかテイクアウトして
外で食べながらゆっくりするの気持ち良さそうだよ
▲topcomments(2)trackbacks(0)

大回顧展モネ/チケット購入

チケット買いました!
すでに開催しているので前売りではありませんが。
混んでなきゃいいけど・・・いつ行こうか?

観てきたら感想UPしますね!

大回顧展モネ/印象派の巨匠、その遺産 (国立新美術館開館記念)

 会  期:2007年04月07日(土) 〜 2007年07月02日(月)
 会  場:国立新美術館 (東京・六本木)
 主  催:国立新美術館、読売新聞社
 共同企画:オルセー美術館

 ※詳細は、こちら

▲topcomments(0)trackbacks(0)

大回顧展モネ/印象派の巨匠、その遺産

久しぶりに、モネの絵が見られる!
大回顧展モネ/印象派の巨匠、その遺産 (国立新美術館開館記念)

 会  期:2007年04月07日(土) 〜 2007年07月02日(月)
 会  場:国立新美術館 (東京・六本木)
 主  催:国立新美術館、読売新聞社
 共同企画:オルセー美術館

 ※詳細は、こちら

オルセー中心のようで、
マルモッタン所蔵の「印象、日の出」は来ない模様。
だが、「かささぎ」が、宣伝ページに載っていた。
かなりの規模なので、いまから待ち遠しい。。。

モネの絵に対する想いは、以前にも書いたけど (⇒2006.09.09)
カタログやポストカードではなく、ぜひぜひ実物を見て欲しい!!!

モネ−印象、日の出
 東京以外でも開催予定あるのかな?
 見に行ったら、また感想を書きます。
 ←←←
 また「印象、日の出」も見たいなぁ。。。

▲topcomments(0)trackbacks(0)

芸術の秋

実は、絵を描くのが好きです・・・


これは、私の「お絵かきセット」です。(笑)


筆入れに2B・4Bの鉛筆、クーピーペンシル、水溶性の色鉛筆
本体に水を入れる筆、鉛筆削り、プラスチック消しゴム&練消し
スケッチブック3冊、クリアファイル・・・
これらを後ろのケースに入れてます。


頻繁に描くわけではないのですが、季節は、芸術の秋・・・


描きかけのものがありますが、
あくまでもプライベートなもので、ここでの公開は・・・カンベン。(^^ゞ


公開のリクエストでもあったら(笑)、考えます。

▲topcomments(0)trackbacks(0)

Claude Monet (クロード・モネ)

Claude Monet(1840年〜1926年)
フランス、印象派の画家

日本では、「睡蓮」などが有名だが
私は印象派の名の由来となった

印象、日の出/Impression, Sunrise(1872年)
Oil on canvas 48 x 63 cm (19 x 24 3/8")
パリ、マルモッタン美術館 所蔵/Musee Marmottan, Paris

これがいちばん好きだ。
絵の前から動けなかった経験は
後にも先にも、この絵を見た時だけ。



高校生の時に、国立西洋美術館(東京・上野)
社会人になって、横浜美術館(横浜・みなとみらい)
今まで2度、実物を見ている。

続きを読む▼
▲topcomments(0)trackbacks(0)
<< | September 2018 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

Harbot




*script by KT*

Profile

New Entries

Selected Entries

Categories

Archives

Links

Simple Free Counters

オンラインユーザーカウンター by Simple Free Counters
3カウンターVer2 by Simple Free Counters

Mobile

qrcode

Search this blog

Recommend

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner 空色地図-sorairo no chizu-/banner 無料ブログ作成サービス JUGEM

Back Links

Sponsored